2008年04月26日

「私たちを作った機械」

著者 ケヴィン・ケリー Kevin Kelly
訳  堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "The Machine That Made Us" の日本語訳である。



私たちを作った機械 The Machine That Made Us

先日、計算機科学者ジョセフ・ワイゼンバウムが85歳で逝去した。ワイゼンバウムは有名なチャットボット「イライザ」を40年前に発明した。驚くことに、この疑似人工知能は今でも私たちを楽しませ、また混乱させる力を持っている。しかしワイゼンバウムは後年、人工知能の批判者になった。

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 02:02 | 翻訳    

2008年04月19日

「物質からの贈りもの」

著者 ケヴィン・ケリー Kevin Kelly
訳  堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "The Gift of Stuff" の日本語訳である。



物質からの贈りもの The Gift of Stuff

「技術」という言葉は物質を連想させる。原子でできた物。かたい物質。蒸気機関車、鉄の構造物、電話機、計算機、化学物質、シリコンチップ。この大量の物質が何世紀も前に初めて現れたとき、私たちはそれを素材革命だと考えた。しかしそれがもたらした変化は、実はエネルギーを自在に操る新しい能力によるものであった。

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 19:41 | 翻訳    

2008年04月08日

「コピーの盛衰」

著者 ケヴィン・ケリー Kevin Kelly
訳  堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "The Rise and Fall of the Copy" の日本語訳である。



コピーの盛衰 The Rise and Fall of the Copy

1900年代に蓄音機がインドネシア列島に到達して、ジョン・B・スムートら音楽学者がガムラン・オーケストラを録音したとき、ガムラン奏者は当惑した。ある場所で人気の曲は数週間の半減期で村々へ伝わっていく。なぜ演奏をコピーするのか?新鮮な音楽を容易に聞けるのに、すでにすたれた曲の古くさい演奏をなぜ聞こうとするのか?

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 22:37 | 翻訳    

2008年04月02日

「物のインターネットにおける四つの段階」

著者 ケヴィン・ケリー Kevin Kelly
訳  堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "Four Stages in the Internet of Things" の日本語訳である。



物のインターネットにおける四つの段階

新しい流行語「グラフ」は、便利だが使い古されたネットワークやウェブという言葉にとってかわるかどうか。私はそんな賭けはしない。(ニコリともしない人がよく口にする「ブログ」という言葉が負けることになら賭けてもよいが。)いや、それはどうでも良い。ティム・バーナーズ=リーによる「ジャイアント・グローバル・グラフ」(Giant Global Graph)と題する短い投稿では

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 21:22 | 翻訳