2010年11月27日

「矛盾を含む技術の本質」

著者:ケヴィン・ケリー ( Kevin Kelly )
訳 :堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "The Paradoxical Nature of Technology" の日本語訳である。



矛盾を含む技術の本質  The Paradoxical Nature of Technology

不平衡を持続することができるシステム、すなわち時間が経過してもカオス(一回限りの不平衡)に崩壊せず、また反復的で予見可能な調和(持続的な平衡)に収束しないシステムのことをエクストロピック・システムという。エクストロピック・システムに見られるような広義の不平衡の結果として、この不安定が常に新しいものを世の中に生み出している。「カオスと秩序の境界線上にいる」という定常状態が、永続的な新奇性の源泉となる。技術は生命や知性と同様に、このエクストロピック・システムの一つである。そこから新しい様式、新しい方向性、新しい概念が得られる。この世界の中で新しさの源泉となるのは、おそらく、この深遠な不均衡以外にはないだろう。

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 21:18 | 翻訳