2012年09月29日

「生まれながらにデジタル」

著者:ケヴィン・ケリー ( Kevin Kelly )
訳 :堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "Born Digital" の日本語訳である。



生まれながらにデジタル  Born Digital

デジタルの世界に生まれて成長するとはどういうことなのか? 私の友人や読者から聞いた逸話をいくつか紹介する。


私の友人には、まだ5歳にならない女の子がいる。今どきの家庭では珍しくないことだが、家にテレビがなくて、パソコンは多数ある。友人が娘と一緒によその家に行ったところ、そこにはテレビがあり、別の部屋でテレビがついていた。娘はテレビのある場所に行き、その周辺をさがして、さらにテレビの後ろをのぞき込んで「マウスはどこ?」と尋ねた。

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 17:01 | 翻訳    

2012年09月23日

「テクニウムの転換点」

著者:ケヴィン・ケリー ( Kevin Kelly )
訳 :堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "The Next Transitions in the Technium" の日本語訳である。



テクニウムの転換点  The Next Transitions in the Technium

生物の住む惑星が経験する発展上の転換点としては、どのようなものがあるだろうか? 文字の発明は、重大な転換点だろう。安価な非生物的エネルギーの利用もそうだ。科学的手法の発明は、大きな飛躍である。エネルギー(たとえば電気)を精密に制御することによる長距離通信も重要だ。そのおかげで、他の各種の発展が可能になっている。私たち人間の文明は、このすべての段階を経験している。今日の一時的な流行や熱狂は別として、将来、どのような転換がありうるだろうか? 情報やエネルギーの構造の新たな転換点として、私たちの文明が待望するものは何だろうか? このような変化はたいてい緩やかに起こるので、どの時点が境界だと特定することはできないが、それぞれの変化の構造を見ると、あらゆる文明が遅かれ早かれ到達する当然の変化だと思われる。

…続きを読む

posted by 七左衛門 at 19:32 | 翻訳