2008年09月25日

「見苦しいものを探す」

著者:ケヴィン・ケリー ( Kevin Kelly )
訳 :堺屋七左衛門


この文章は Kevin Kelly による "Looking For Ugly" の日本語訳である。



見苦しいものを探す  Looking For Ugly

非常に複雑な技術システムでは、故障を防止することはなかなか難しい。システムが複雑であればあるほど、故障のパターンも複雑になる。しかし、ほとんど無故障の状態にあるシステムでは、不思議なことが起きている。大きな故障が防止されていると、将来の大きな故障を予測することが難しくなるのだ。なぜならば、ほとんど故障が起きないから!このような極めて重要なシステムでは、故障がほとんど起きないので、大きな故障の発生パターンは不明なのかもしれない。

ほとんど病気をしない健康な人だけを研究の対象としていたら、私たちは病気を治療する方法について、あまり多くを知ることはできないだろう。生命にかかわるような技術システム ―たとえば現代のジェット旅客機― では、いかなる大きな故障も許されない。そして私たちは、故障を非常にうまく防止している。しかし墜落事故がめったにないので、事故がどのように発生するかについて、大きな知識体系ができていない。米国連邦航空局 (FAA) は、安全上の小さな故障を公表することを罰しないという方針をとっているが、これに関する米議会の調査委員会が技術システムについて非常に鋭い観察をしている。

ほとんど事故がない分野においては、安全性を向上させる唯一の方法は、「事故の予兆」すなわち大惨事につながりそうな小さな出来事について、データを収集することだという。そのような出来事は、普通は航空会社の一部の社員にしか知られていないのだそうだ。


大きな故障がうまく最小限にとどまっているシステムで、どのようにして大きな故障を防止するのか?それは、見苦しいものを探すのである。

航空機の安全は非常に重要なので、法規制で故障を減らせるという期待のもとに、規制が行われている。だが、法的処罰によって強制される故障防止には問題がある。厳罰があると、速やかに問題を公表して改善することを妨げる。このような人間の性癖に対抗するため米国連邦航空局は、航空会社が故障を発見してそれを認めても、通常は処罰することなく許容している。このような小さな異常が「見苦しいもの」である。それ単独では重大ではないが、他の小さな「見苦しいもの」と合成される可能性がある。多くの場合、それは些細なことだ。たとえばバルブの摩耗、パイプの変色のような、普通は故障と言わないようなものかもしれない。そのうちに何かが壊れるだろうという予兆にすぎない。いつか壊れても何も被害はない程度のものだろう。

pwconnections_e_a000602970.JPG

この業界での一般的な見解としては、異常があっても処罰しないことで、迅速な修理を奨励し、大きな故障を減少させている。もちろん、安全違反の会社を処罰しないということは、一部の人々の神経を逆なでする。ニューヨーク・タイムズの最近の記事では、公表しても処罰しないという、この方針を継続すべきかどうかについて、米議会が実施した調査を報道している。上掲の引用もこの記事によるものである。ニューヨーク・タイムズは次のように書いている。

「私たちは今、きわめて安全なシステムに恵まれた時代に生きている。」と調査委員会の委員で、航空会社のベテラン社員であるウィリアム・マッケイブ氏は言う。彼によれば「科学捜査の手法は使えない。」なぜならば、分析するのに十分な件数の事故がないからである。

マッケイブ氏は次のように語っている。「見苦しいものを探せばよい。担当者には見苦しいものを探すように頼むのだ。『これが故障の予兆かもしれない』と申し出る人に感謝し、評価し、褒美を与えるのが成功する安全システムである。」


見苦しいものを探すということは、予兆に基づく故障検出システムをうまく言い表している。故障が始まる兆候は探すことができても、故障自体を本当に探すのは難しい。故障の兆候は、異常というよりも逸脱である。不健全な方法で中心から外れている。何か大きなシステム ―たとえば飛行機、人間の健康、生態系など― において逸脱を見つけることは、科学ではなくて芸術だ。美しさの問題、あるいはその欠如という問題である。

考えてみると、見苦しいものを探すというのは、私たちが自分の健康を判定している方法である。見苦しいものを探すことで、ロボットや人工知能や仮想現実といった複雑なシステムを判定することができるのではないかと私は思っている。





Creative Commons License

この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
posted by 七左衛門 at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 翻訳    
この記事へのコメント
こんばんは、いつも翻訳ありがとうございます!
ところで、このエントリの「 "Looking For Ugly" 」へのリンクURLが違っているようです。
正しくは、
http://www.kk.org/thetechnium/archives/2008/09/looking_for_ugl.php
ではないでしょうか。
Posted by 高橋征義 at 2011年10月31日 00:38
たしかにリンクが間違っていました。ご指摘ありがとうございます。修正しました。
Posted by 七左衛門 at 2011年11月01日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20019055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック